有村架純、戦争の話で笑顔!?笑っている事に、ネット上では批判続出!?



スポンサーリンク

現在、女優・タレントとして多くの人達から人気を誇っている有村架純さん。

そんな、有村さんですが、15日に放送された「私たちに戦争を教えてください~いま、会っておかなければならない人がいる 今日、聞いておかなければいけない声がある~」では、有村さんの対応の仕方が問題になっているようです。

そこで、今回は以下の点をキーワードに調べてみました。
・戦争の話で笑顔だった?
・ネット上では?
・プロフィール

以上の点をキーワードに調べてみました。

・戦争の話で笑顔だった?

有村架純1-1

ドキュメンタリー番組で、有村さんが笑顔で語っていた事や笑顔で対応していた事が問題となっております。

戦争といえば、多くの人が亡くなり、当時の人々にとっては心にも大きな傷を残しているのですからね。

では、有村さんが笑顔で語っている問題の動画が見つかりましたので、こちらをご覧下さい↓(注意:当時の戦争の映像が映っております。気分を悪くされた方は視聴を控えて下さい)

これは、一部の映像のみですが、やはり今の私達の生活は、当時に比べると全然違いますよね。

有村さん、映像を見ている時に、流石に笑顔はまずいと思いますよ。

確かに、戦争を知らない人達からすると想像もつかないと思います。勿論、私も戦争について、何も知りません。

ですが、もし自分が生と死の狭間の中で、笑顔で語られたら、それはやはり、良くないと思います。

・ネット上では?


スポンサーリンク

ネット上では、有村さんの笑顔対応に批判の声が続出しています。コメントは以下のとおりです。

・「返事が曖昧で、会話が続いてない」

・「何で、体験者の話を笑顔で聞いているの?」

・「フジの人選ミス」

 

そして笑顔対応以外にも、姉とのエピソードや芸能界デビューの話もドキュメンタリー番組に含まれている事に批判の声も続出しております。

戦争と芸能界デビューは、全く違うお話になってしまいますからね。戦争経験者は、二度と同じ事を起こさないで欲しいと言う事で話してくれているのですからね。

日本のような治安の良い国は、毎日が平和で過ごせていますが、治安の悪い国は、本当に毎日をどう生き延びていくか、考えていかなければいけません。

孤児

フジテレビは、若い女優さんや俳優さんに戦争の過酷さを知ってもらいたいと言う考えがあるかもしれません。

ですが、テレビに映るという事も考えるなら、やはり若い人達より、戦後、生活していくのに大変であった事を経験している人達のほうが、良いと思います。聞いてる方も、見てる方も、その方が戦争の過酷さを理解できると思います。

戦後

有村さんも、戦争と言う過酷な話にどう、対応すれば良いのか解らなかったから、笑顔で対応してしまったのかもしれません。

ですが、やはり仕事なのですから、話の聞き方をもう少し学ばないといけないと思います。戦争体験者の方は、多くの人間と接してきているのですから、どう感じているのか解ってしまうと思います。

それに、今後の自分のためにも役に立ちますしね。改善すべき箇所は修正して、次から注意して欲しいですね。

・プロフィール

芸名: 有村架純
生年月日: 1993年2月13日
出生地: 兵庫県伊丹市
身長: 160cm
血液型: B型
活動期間: 2010年 –
所属事務所: フラーム
趣味: お散歩
特技: 料理

2010年: ドラマ「ハガネの女」でドラマ初出演
2011年: 映画「ギャルバサラ -戦国時代は圏外です-」で映画初主演
2013年: ドラマ「あまちゃん」で、大ブレイクを果たす
2015年: 映画「ストロボ・エッジ」に主演

・まとめ

・当時の映像の部分で確かに笑顔であった
・笑顔対応、戦争と関係ない話にネット上から批判続出
・話の聞き方に注意すべき

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!
次回もよろしくお願いします!!


スポンサーリンク

コメントを残す