吉岡里帆の実家の住所場所は京都の太秦?写真屋を経営してる?


スポンサーリンク

女優等として活動して
いる吉岡里帆さん。

 

吉岡さんと言えばドラマ
ごめん、愛してる」の
ヒロインを演じる事になって
いますが、

 

そんな吉岡さんの実家
どんな場所にあるので
しょうか?(゜-゜)

 

そこで今回は以下の点を、
キーワードに調べてみました。

 

・実家の場所はどこ?
・写真屋を経営してる?
・プロフィール
・まとめ

 

以上の点をキーワードに調べてみました。

・実家の場所はどこ?

画像引用元:http://enjoybloger.com/wp-content/uploads/2017/06/e58c9bb3bcb77d16d3d86c232a42a8a1-300×200.jpg

吉岡さんの実家について
どこの出身であるので
しょうか?(゜-゜)

 

プロフィールによると
京都府京都市右京区
記載されています。

 

生まれは京都の太秦(うずまさ)に
生まれていると言われて
いますが、一体どんな
場所なのでしょうか?(゜-゜)

【京都の太秦とは?】

太秦は京都市右京区の
地名と言われております。

 

太秦は京都最古の寺である
広隆寺や蛇塚古墳などの
前方後円墳がある事で
有名です。

 

また、多くの映画会社が
時代劇映画の撮影所を
置いた事でも知られてます。

 

1950年代には時代劇最盛期と
言われた事態であり、凄く
賑わっていたと言われてます。

 

1950年代に比べると、
現在は撤退した会社も
あると言われてますが、

 

現在も東京京都撮影所と
松竹京都撮影所が映画や
ドラマ等の制作をしてます。

 

吉岡さん自身も、小さい頃
から演劇の世界に触れてきた
事によって、自然と演技が
好きになってきたと語って
います。

 

そんな吉岡さんの実家は
写真屋を営んでいる
言われてるそうです( ゚д゚)

・写真屋を経営してる?


スポンサーリンク

吉岡さんの実家が写真屋と
言われているとの事ですが、
実際のところは違うそうです。

 

正しくは映像会社を経営
していると言われてます。

 

・・・じゃあ、何で
写真屋って言われてるの
でしょうか?( ゚д゚)

【父親は写真家?】

実は吉岡さんの父親は写真家
として活躍している人物と
言われています。

 

名前も判明しており、
吉岡和彦さんと言う名前で
あるそうで、

 

写真家と言うより
カメラマンとして活動
しているそうです。

 

また、過去に放送された
大河ドラマ「真田丸」では
プロデューサーも務めてた
事もあったそうです。

【女優になった理由は?】

画像引用元:https://pics.prcm.jp/goby1123/62994795/jpeg/62994795.jpeg

吉岡さんが女優になった
理由は生まれた時からの
環境が関係していると
言われてます。

 

映像会社を経営している
父親や母親、祖母の影響を
受けて、

 

映画や演劇、歌舞伎や能
等の芸術文化に触れてきて
育ってきたと言われてます。

 

ですが、吉岡さんは当初は
書道家として活躍する事を
考えていたそうですが、

 

演劇への思いを捨てきれず、
女優を目指す事に決めたと
言われています。

 

吉岡さんは「あさが来た」で
注目され、「カルテット」では
悪女役として注目されました。

 

演技上手な女優としても、
注目されています。

 

これからも、芸能活動の方を
頑張って欲しいですね(`・ω・´)b

・プロフィール

画像引用元:https://pic.prepics-cdn.com/wmatui/62462751.jpeg

芸名: 吉岡里帆

生年月日: 1993年1月15日

出生地: 京都府京都市右京区

身長: 158cm

血液型: B型

活動期間: 2013年 –

所属事務所: エーチーム

趣味: 猫と遊ぶ事

特技: 書道、アルトサックス

 

2013年: 芸能界デビュー

2014年: 公式ブログ開設

2015年: 映画「明鳥」出演

2016年: ドラマ「あさが来た」出演

・まとめ


スポンサーリンク

・吉岡里帆さんの実家の場所は
 京都市京都市右京区の太秦と
 言われている。

 

・吉岡さんの実家は写真屋と
 言われているが、正しくは
 映像会社を経営していると
 言われている。

 

・写真屋と言われた理由は、
 父親がカメラマン・写真家
 だからと言われてる。

 

・吉岡さんが女優になった
 きっかけは育った環境が
 関係していると言われてる。

 

・吉岡里帆さんを応援
 していきましょう‼

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました‼

 

次回もよろしくお願いします‼


スポンサーリンク

コメントを残す