松山ケンイチは訛りが酷い?訛りすぎなのは故郷が関係してる?


スポンサーリンク

俳優として活動して
いる松山ケンイチさん。

 

松山さんと言えば、
これまでに多くの作品に
出演されておりますが、

 

そんな中で松山さんに
訛りがあると言われて
いるそうです( ゚д゚)

 

そこで今回は以下の点を、
キーワードに調べてみました。

 

・訛りが酷いって本当?
・青森県の方言とは?
・プロフィール
・まとめ

 

以上の点をキーワードに調べてみました。

・訛りが酷いって本当?

画像引用元:https://pic.prepics-cdn.com/banako/21312418.jpeg

画像引用元:https://pic.prepics-cdn.com/banako/21312418.jpeg

関連記事

松山ケンイチの子供の学校と
幼稚園はどこ?年子で生まれ
てた?

尾野真千子に嫌いの声が?
理由はしゃべりかたが
下品でブサイク?

 

松山さんの訛りが酷いとの事
ですが、本当なのでしょうか?

 

ネット上では“イライラする“、
訛りが酷い“等の声も上がって
いるとの事です。

 

松山さんは出身地は青森県の
むつ市と言われております。

 

松山さんが話す方言は下北弁
言われているそうで、東北方言の
一つである北奥羽方言に属する
そうです。

%e9%9d%92%e6%a3%ae%e7%9c%8c%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%b4%a0%e6%9d%90

例えば、饅頭をまんズーと言ったり、
注意の事をツーいと発音するそうです。

 

実際に、松山さんが下北弁で
会話している場面があります
ので、こちらをご覧下さい↓

https://www.youtube.com/watch?v=1fknMdM29bY

・・・確かに、方言の訛りが
ある様に思えますが、松山さん
面白いですね( ゚∀゚)

 

松山さんはドラマや映画等では
あまり訛りが話題とされてない
そうですが、

 

バラエティ番組だと訛りが
出たりする事が多いそうです。

 

私も田舎の出身ですので、
都会の友人達と話したり
すると、

 

どういう意味?( ゚д゚)

 

と言われたりしますので、
方言や訛りって直らないの
ですよね(´-∀-`;)

・青森県の方言とは?


スポンサーリンク

青森県の方言は、動画を
見て頂いた方は分かると
思いますが、

 

下北弁津軽弁南部弁
と言われているそうで、
松山さんでも津軽弁が
解らないとの事らしい
です。

 

同じ出身地でも解らない
とは凄いですね( ゚д゚)

 

何でも、同じ青森県でも
言葉が全く違ったりする
そうです。

考える女性 フリー素材

青森県生まれの有名人と
言えば、アスリートの
伊調馨さんや、タレントの
小坂大魔王さんと言われて
いるそうで、

 

他にも様々な有名人が
いるそうです。

 

因みに、松山さんは現在は、
東京に住んでいるとの事
ですが、東京は滞在してる
様な感じであるそうで、

 

松山さん本人はむつ市に
戻りたいそうです。

電車 車窓 フリー素材

色々と大変で実家に戻れない
と思いますが、これからも
頑張って欲しいですね(`・ω・´)b

・プロフィール

画像引用元:https://pic.prepics-cdn.com/tarentomeikan/56365495.jpeg

画像引用元:https://pic.prepics-cdn.com/tarentomeikan/56365495.jpeg

本名: 松山研一

芸名: 松山ケンイチ

生年月日: 1985年3月5日

出生地: 青森県むつ市

身長: 180㎝

血液型: B型

活動期間: 2001年 –

配偶者: 小雪(2011年 -)

所属事務所: ホリプロ

特技: 車椅子バスケットボール等

 

2001年: 芸能界デビュー

2006年: 映画「デスノート」出演

2011年: 女優の小雪との婚姻届提出

2016年: ドラマ「ふたがしら2」主演

・まとめ

水 湖 フリー素材

関連記事

野村周平がチャラいと
言われる理由は家庭環境に
あり?現在も?

波瑠に嫌いと言う声が増えてる?
原因はいじめっ子だったから?

 

・松山さんの訛りが酷い等と
 言われているが、主に
 バラエティ番組で訛りが
 出ると言われているとの事

 

・松山さんは青森県のむつ市の
 出身との事で、下北弁を話す
 との事

 

・青森県には、下北弁、津軽弁、
 南部弁があると言われてるが、
 同じ県でも全く事が違ったり
 するとの事

 

・松山ケンイチさんを
 応援してきましょう!!

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!!

 

次回もよろしくお願いします!!


スポンサーリンク

コメントを残す